戦隊ヒーロー番組制作RPG『Chroma Squad』のPS4/X1/Vita版が海外発表!

Bandai Namco Entertainment Americaは、ブラジルのデベロッパーBehold Studiosが開発を手掛ける『Chroma Squad』のPS4/Xbox One/PS Vita版を、2017年初頭にリリースすることを海外向けに発表しました。


『Chroma Squad』は、特撮戦隊ヒーロー番組にインスパイアされたタクティカルRPGで、5人のスタントマンが独自の戦隊ヒーロー番組を制作するために奮闘。プレイヤーは俳優を雇用したり、スタジオ設備の購入やアップグレード、武器や巨大ロボの制作などを行います。


PC/Mac/Linux版は2015年にリリースされている『Chroma Squad』。現時点でPS4/Xbox One/PS Vita版での追加要素の有無といった詳細は不明です。

Wii U/NX新作『ゼルダの伝説』新アートらしき画像が海外Amazonに掲載

海外メディアNintendo Everythingより、米国向けAmazon.comにてWii U/NX向け新作『ゼルダの伝説』の新たなアートワークが公開されたと報じられています。

本記事執筆時においては黒背景にテキストのみの仮パッケージアートが掲載されていますが、同メディアによれば一時的に上記イメージが『The Legend of Zelda』製品情報内で確認可能であったとのこと。情報量は多くないものの、岩肌を登るリンクの姿と背景に広がる世界観は海外ユーザーから多くの注目を集めている模様。城塞のような建造物やそびえ立つ複数の塔、火山のようなロケーションは今作の重要情報となるかもしれません。

スター・ウォーズ フォースコレクション

こちらも基本無料タイトルとなる『スター・ウォーズ フォースコレクション』は、一般的なソーシャルゲームのように、強力なカードを集めてデッキを編成します。本作に登場するカードは、映画でもお馴染みのキャラクターやビークルで、数は400枚以上。さらに、「スター・ウォーズ」において忘れてはならない、宇宙戦艦同士の戦いが可能な「レギオンバトル」を搭載。全世界で連動するというこのシステムでは、他ユーザーと「レギオン」と呼ばれるチームを組んで、他チームとのリアルタイムバトルができる点が特徴です。

PC版『DARK SOULS III』に多数の「強制終了」報告、照明設定が原因か

PC版『DARK SOULS III』プレイヤーより、ゲーム本編開始時に発生するクラッシュ問題について報告されています。SteamフォーラムやRedditのユーザーによると、一部のユーザーは“火継ぎの祭祀場”や“篝火”に起因する強制終了に見舞われている模様です。

この問題について具体的な解決策は明示されていないものの、米国版IGNやPC Gamerの報道では「騎士にクラス変更する」「照明設定を“低”に変更する」ことによってクラッシュを回避できる可能性があると伝えられています。PC Gamerはこのクラッシュの原因を「炎のライティングにあると見ており、GeForce 780Ti(Version: 364.72)環境下において発生した旨を報告。一部の装備品を身につけた上での再現性についても言及しています。

Bandai Namco Entertainment Americaから対応策に関するコメントは現在までに伝えられておらず、ユーザーサポートページでの報告を求めるツイートを投稿しています。